ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)




スポンサーリンク

【成都生活】2004年8月20日、神戸を出港

三宮からポートライナーに乗って2駅。天津へと向かう船、燕京号*1が出る港は、ポートターミナル駅が最寄りでした。着いたのは午前8時。

f:id:hiroyukitomieme:20170503212728j:plain

出港は12時、チェックインは10時からなので、2時間ほど神戸港をブラブラもしくはダラダラすることにします。とはいえ、特に見るところもないので、すぐに飽きたのですが…。

10時になりチェックインカウンターが開くと、長蛇の列が…というほどでもなく、こんな感じのゆるいチェックイン。

f:id:hiroyukitomieme:20170503213219j:plain

実は、1997年にもこの船に乗って天津・北京へ行ったことがあるのですが、そのときはもっと賑わっていたんですよね。その印象があるので、なんだこの寂れ具合は、と。

寂れ具合はチケットでも実感することができました。購入したチケットは二等B。1畳分くらいのスペースに枕と毛布を与えられて雑魚寝するヤツです。1997年もこの二等Bに乗ったので、その気分をまた味わいたくて最下層ランクの二等Bにしたのです。

 

ところが、チェックインしてみたら二等Aにグレードアップ!

 

二等Aとは、一部屋に二段ベッドが8つ配置されているクラスで、下から2番目です。飛行機のオーバーブッキングでエコノミーがビジネスクラスになる感じですかね。こちらはオーバーブッキングではなく、空いちゃってるからアップしてあげたよ的な感じですが。

 

どうせなら一等にしてくれよ。

 

と心の中では思いましたし、二等Bのほうがいいよとも思いましたがね。仕方ない。

で、乗船。小姐が中途半端にお出迎えしてくれます。

f:id:hiroyukitomieme:20170503214146j:plain

10時過ぎにチェックイン、乗船しましたが、出港は12時です。港に続き、また船内で2時間近く時間を潰すわけですが、港よりは見るところはあります。

デッキに出たり、船内をブラブラしたり。

f:id:hiroyukitomieme:20170503214413j:plain

これは船内の売店ですが、1997年に乗った時もここで何かを買っている人を見たことがありませんでした。右側にある仏像的なものを誰が買うのか、と思ったりしますが、かつては需要があったのかもしれません。ある意味充実の品揃えです。

そうやってブラブラしていると、意外に時間が過ぎるのは早いもので、出港です。

f:id:hiroyukitomieme:20170503214610j:plain

船体が徐々に岸から離れ、船と陸地を繋いでいたロープも取り外されます。

1997年の時は、写真右上のほうに(切れてますが)見送りをする人たちが大勢いました。あの紙テープを投げる光景です。大量の紙テープが舞う中で出港したのですが、今はテープ1本すらありません。

なんというか、これから日本を1年間離れるんだという寂しさもあったのですが、数年でこれだけ港が閑散としたこともまた寂しさを増幅させました。イヤでも感傷的になるというか。

出港は12時。感傷的になっていても、やはり腹は減ります。船内もすぐに昼食の時間です。

f:id:hiroyukitomieme:20170503215200j:plain

燕京号は朝食だけ無料で、昼食と夕食は有料です。ご飯とスープが各50円、おかずは確か200円くらいからだったかな。旅の前途を祝して、青島ビールも。贅沢ではないんですが、なぜか贅沢。なぜかおいしい。

そしてなぜか、泣けてきます。

 

 

実際は泣いてませんけど。

 

ま、心ではなぜか泣いているというね。そんな日本の陸地を離れた最初の食事でした。

f:id:hiroyukitomieme:20170503215957j:plain

船は神戸港を出ると瀬戸内海を走ります。何度か橋の下をくぐりますが、どれが瀬戸大橋なのかさっぱりわからず。

でも、船のデッキに出て、風を感じながら瀬戸内海とその島々を眺めていると不思議と飽きないんですよね。ずっと、ずっと海を眺めていました。

f:id:hiroyukitomieme:20170503220205j:plain

そして、8月20日も終わります。海の上でその日が終わるのを迎えるんです。なぜか、泣けてきます。

 

 

実際は泣いていませんけど。

 

ま、心では泣いているんです。

いよいよ始まった、って感じです。

f:id:hiroyukitomieme:20170503220425j:plain

 

続く!

www.hiroyukitomie.me

バックパッカー・パラダイス―旅人楽園

バックパッカー・パラダイス―旅人楽園

 

 

*1:2012年8月21日をもって運航を終了した

スポンサーリンク