ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)



まあまあ読まれているような気がしないでもない記事

このブログで掲載した全ビールリスト


意外と簡単に手に入る某A省グッズ




スポンサーリンク

気弱な私です。

所用で某A省に行ってきました。場所は市ヶ谷ということくらいしかお伝えできず、 あまり詳細に書くとアレなので、某A省としておきます。

某A省です。

たぶんこれではどの省なのかわからないと思いますが、そこは秘密にしておきたいと思います。わからないように某Aとしています。申し訳ありません。

所用についてはここで書くことではないので差し控えますが、なかなか興味深い場所でした。はっきり言って、城です。城。近くにある江戸城(皇居)よりも遥かに堅牢な城であると見受けられました。平城かつ堀がないにも関わらず、難攻不落と言われた大坂城小田原城も比べ物にならないくらいかと。

城の正門は相当な警備です。屈強…でもない男たちが城を出入りする人たちに目を光らせています。ただ、この城にはいくつか門があり、一番小さい門(どの門かは差し控えます)の警備は薄く、受付の対応レベルもやや低めです(失礼)。

しかし、この城を難攻不落のものにしているのは、高い塀や有刺鉄線はもちろんですが、なんといってもミサイル。PAC3と思われるものもありました。これなら淀殿の居室を狙った家康の大砲も撃ち落とせます(自分でマジレスすると、実際それは無理だと思います)。

そんな日本史上最強の城での所用を終え、職員の方と雑談していると、

「別の庁舎にあるコンビニには某A省のオリジナルグッズも売ってるんですよ」

とのこと。マジか! そこまで某A省のグッズには興味ないけど、ちょっとプレミア感ありそう。こ、これはチェックしないと!

と、勇んで別庁舎の前まで行ったものの、屈強な男たちや階級を表す星が付いていそうな制服を来ている人を見るとひるむわけです。近くでは、銃剣を持ってなにやら訓練している人たちもいます。そんなのを見ると、所用もないのに別庁舎に入る勇気がないヘタレであることを思い出し、そそくさと帰ってきたという状況。

で、帰り道で後悔。ああ、やっぱり庁舎内のコンビニを調略してくればよかったと。まあいつもそんな感じで後から後悔する人生ですが、トボトボと市ヶ谷駅に向かうと、なんと市ヶ谷駅のキオスクにグッズが売ってるではないですか。

おい! 某A省内でしか買えないと違うんかい!

ちょっと脱力しつつ、 そうなるとプレミア感も薄れてくるよなあ、と思い、華麗にスルー。家に帰ってググってみると、意外といろんなところで売っているようで。

ただ精神的に疲れただけでした。はい。

スポンサーリンク