ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)



まあまあ読まれているような気がしないでもない記事

このブログで掲載した全ビールリスト


新宿で肉とビール(Grill&Beer ESTAJI)




スポンサーリンク

プレミアムな私です。

昨日、新宿の肉の店に行ったんです。ただ肉が食えるっていうだけだったら特に興味はないんですが、クラフトビールが15種類揃ってるっていうので行ってみました。

ここ最近、ビールの店がポンポン乱立してきているので、もうチェックが追いつかないんですよね。行ったことないどころか、オープンしたこともしらなかった店がたくさん。

さらに、ビール専門店じゃなくて普通のレストラン的な店でもクラフトビールの品揃えがよかったりしていて、もうね、ホント追いつかないどころか差を広げられている感じがします。いいことです。

で、昨日は金曜日。そして人類史上、どの文明・国家も試みたことがない、いや、考えもつかなかったエポックメイキングかつ壮大なプロジェクトが、この日本で開始された日でもあります。

そう、プレミアムフライデー。

このプロジェクトがいかに日本国民に対して大きな影響を及ぼしたかは、Twitterで「プレミアムフライデー」と検索してみればすぐわかります(決してFacebookで検索してはいけません)。

twitter.com

ビール専門店乱立には追いつけていない私でも、世の中の流れには乗り遅れまいと、私もプレミアムな通常業務を行った上で、颯爽と新宿へ向かいました。

プレミアムなライス大盛り

そのお店は、西武新宿駅高架下にある「Grill&Beer ESTAJI」。オープンしていたことも知らなかった店のひとつですすみません。

r.gnavi.co.jp

ここ↑にはイタリア料理と書いてありますが、肉です。肉の店です。パスタとピザもありますが、明らかにウリは肉。タパスも充実していてスペインなのか肉なのかイタリアなのかよくわかりませんが、ざっくりと肉とビールを味える店だと思って間違いありません。

注文したのは「タパス盛り合わせ」と「牛ロースステーキとカットイチボステーキのセット」(さっきから肉の店だと書いているのに、なぜかステーキは写真を撮っていないという失態)。

f:id:hiroyukitomieme:20170225221844j:plain

そして、ライス。

なんと大盛り無料というプレミアムなサービスが。「食べ放題」「おかわり自由」と並び、人々の心を掴んで離さない「大盛り無料」。評価したいですね。

話が少し飛びますが、シドニーオリンピック女子マラソン金メダリスト高橋尚子の好きな言葉をご存知でしょうか。

「何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」

根を伸ばす努力をして、金メダルという大きな花を咲かせたあの高橋尚子が、同じ好きな言葉として挙げているのが「食べ放題」。

そして、金メダリストが選ぶ言葉と同じくらいの魅力を持った「大盛り無料」が目の前に。

当然、こう注文しますよね。

「あ、ライス大盛りで」

結果、そのライスがなかなかの大盛りで、肉を少し残してしまうというプレミアムな、別の言い方をすればもったいない夜となりました。

プレミアムなビールセレクト

写真は撮っていないんですが、肉はなかなかでした。霜降りの柔らかくとろけるような肉とは違った、ガッツリ食べた感がある肉です(自分はライスのせいですが)。歯ごたえはありつつも決して固いわけではなく、おいしくいただきました。

それもいいんですが、ビアライターとしてはビールが気になるところ。メニューを見る限り、銘柄が固定されている樽とその日によって変わる樽があるようでした。

固定されていると思われるのは、

  • アサヒスーパードライ
  • アサヒスーパードライ ドライブラック
  • ヒューガルデン ホワイト
  • セーフ
  • マレッツ・ブロンド
  • シメイ・レッド
  • シュナイダーヴァイセ オリジナル(TAP7)

この7樽。このうち下4種類を樽で常設しているのは評価したいですな。「セーフ」「マレッツ・ブロンド」「シメイ・レッド」の3種を樽で出しているのはあまり見かけません(樽だからいいというわけでもないですが)。「マレッツ・ブロンド」なんて、ボトルもそんなに入手しやすいわけではないですからね。プレミアムなビールセレクトだと思います。

そして、日によって変わりそうな樽ですけど、昨日はこんな感じ。

  • ESTAJIオリジナルビール
  • COEDO毬花-Marihana-(コエドビール)
  • 帝国IPA(ベアードブルーイング)
  • 水曜日のネコ(ヤッホーブルーイング)
  • インドの青鬼(ヤッホーブルーイング)
  • アールグレイ(城端麦酒)
  • シュバルツ(ハーヴェスト・ムーン)

これにあと1樽あったんですが、記録なし。比較的知られているヤッホーブルーイングから城端麦酒やオリジナルビールまで、バランスのいいセレクト。日によるんでしょうが、こちらもなかなかプレミアム。

ここで、自分が注文したプレミアム感のそがれるビール写真をご覧ください。

f:id:hiroyukitomieme:20170225225443j:plain

とまあこんな感じで、肉とビールを楽しんでまいりました。席は100席近くあるようで、プレミアムフライデーでも予約せずに余裕で座れるという、どこまでもプレミアムな店。新宿で飲むときの候補のひとつに入れたいと思います。

ワーキングエブリデーな私からは以上です。

 

ベアードビール 帝国 IPA

ベアードビール 帝国 IPA

 

 

スポンサーリンク