ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)



まあまあ読まれているような気がしないでもない記事

このブログで掲載した全ビールリスト


「恋あかり」から1カ月遅れて(COEDO月下-Gekka-)




スポンサーリンク

遅ればせながら私です。

 

f:id:hiroyukitomieme:20171002123819j:plain

 

「COEDO月下-Gekka-」というビールを飲みました。見ての通りコエドビールの商品ですが、実は川越市内でしか販売していないというシロモノ。数量も限定です。

 

 

川越から引っ越してしまった私ですが、しっかりこのビールを入手しています。

 

そのビールを昨日飲んでみたのです。凱旋門賞のインターネット中継を見ながらゆるゆると。

 

このビールは、氷川神社の「恋あかり」というイベント的なものとのコラボビールで、「恋あかり」という名前からして私はお呼びでない感じがプンプン漂ってきます。さらに、「恋」に「月」って、夏目漱石が「I love you」を「月がきれいですね」と訳した話(真偽不明)を思い出させて、ますますお呼びでない感じしかありません。

 

なので、「恋あかり」というイベントが終わって1カ月経ったいま飲むというところに、私の気遣いを感じていただければと思う次第です。

 

ところで、月下って字を見ればわかりますが、一応辞書をひいてみると「月光のさしているところ」とあります。用例も調べてみました。
「…月下の湖畔を逍遥しながら…」
「…月下に躍る細鱗の如く…」
「…五月下旬の…」

 

うーむ。「五月下旬」って。

 

問「どんより」を使って文章を作りなさい。
答「うどんよりそばが好きだ」

 

を思い起こさせます。

 

閑話休題。

 

さて、「COEDO月下-Gekka-」の味わいはこんな感じ。

 

バナナ香が好印象です。ふわりとやさしい香りが漂い、大きいボトルってこともあって、これは完全に2人で飲むことを想定しているような感じがしますねえ。やはり私はお呼びでないのでしょうか。

 

そんなことを考えているうちに凱旋門賞も終わり。結果もアレな感じで、いろいろとどんよりしている私でございました。はい。

 

私からは以上です。本日はありがとうございました。

 

にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

スポンサーリンク