ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)



まあまあ読まれているような気がしないでもない記事

このブログで掲載した全ビールリスト


常陸野ブルーイング・ラボで、樽ビールを缶に入れてテイクアウト




スポンサーリンク

茨城育ちの私(@hiroyukitomie)です。

 

先日、秋葉原駅から徒歩3分ほどのマーチエキュート神田万世橋にある常陸野ブルーイング・ラボへ行ってきました。常陸野ネストビールの直営店です。

 

こちらは普通に常陸野ネストビールのビールが飲めるだけでなく、ここでビールの仕込みもできるようになっています。常陸野ネストビールでは、茨城県の醸造所で手造りオリジナルビールの醸造体験(15リットル〜)ができるのですが、常陸野ブルーイング・ラボでは、もう少し本格的な120リットルの仕込みができるようになっています。

 

120リットルも造ってどうするんだ、と思ったりもしますが、ビアバーなどの飲食店がオリジナルビールを造ったりするらしいですよ。

 

らしいですよ、というか、実は私もここで仕込み体験をしたことがあります。とあるお店で販売してもらったりして、いい経験ができました。

こんなホップたちを使って、

f:id:hiroyukitomieme:20171102155827j:plain

 

グツグツ煮込んだりして、

f:id:hiroyukitomieme:20171102155901j:plain

 

(゚д゚)ウマー

f:id:hiroyukitomieme:20171102155918j:plain

 

 

さて。

 

今回ご紹介するのはビール造りではなく、テイクアウトビールのお話。

 

ビールのテイクアウトといったら、プラカップに入れるのを思い浮かべるでしょうか。ちょっと詳しい人はグラウラーとか。

 

ですが、ここ常陸野ブルーイング・ラボでは、缶に入れてテイクアウトができるんです。樽ビールを缶に入れてテイクアウト。こういうものです。

f:id:hiroyukitomieme:20171102160035j:plain

 

まあ普通の缶ビールですね。缶ビールとして売っているのではなく、注文を受けて樽から缶にビールを注いで、蓋をするというもの。

 

順を追って見てみましょう。

 

まず、缶の内側を水で洗います。グラスを洗うのにも使うグラスリンサーですね。

f:id:hiroyukitomieme:20171102160059j:plain

 

そして、炭酸ガスを缶の中に吹き込んだら…

f:id:hiroyukitomieme:20171102160125j:plain

 

ビールを注ぎます。ちなみに、今回はニッポニアにしました。

f:id:hiroyukitomieme:20171102160140j:plain

常陸野ネストビール・ニッポニアNIPPONIA 550ml

常陸野ネストビール・ニッポニアNIPPONIA 550ml

 

 

缶の中を満タンにしたら蓋をのせて、

f:id:hiroyukitomieme:20171102160156j:plain

 

こちらの機械にセット。

f:id:hiroyukitomieme:20171102160216j:plain


ボタンを押すと、

f:id:hiroyukitomieme:20171102160232j:plain


うぃぃぃぃーーーーーーーーーーん!(缶が回ってます)

f:id:hiroyukitomieme:20171102160254j:plain

 

完成です。

f:id:hiroyukitomieme:20171102160317j:plain

 

f:id:hiroyukitomieme:20171102160334j:plain


こんな簡単に缶ビールが造れるとは。なお、そのへんの缶ビールよりも強度は弱いようなので、あまり雑に扱わないほうがいいとのこと。また、できれば当日か翌日には飲みきったほうがいいそうです。

【追記】「本日中にお召し上がりください。」と缶に書いてありました!

 

多少強度が弱いとしても、こうやって缶にして持ち帰ることができるのであれば、ここで買って旅先に持っていくとか、ビールを楽しむシチュエーションの可能性が広がりそうです。

 

飲んだレポートはまた後日。

 

私からは以上です。本日はありがとうございました。

常陸野ネストビール8本飲みくらべセット

常陸野ネストビール8本飲みくらべセット

 

にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

スポンサーリンク