ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)



まあまあ読まれているような気がしないでもない記事

このブログで掲載した全ビールリスト


「東京づくり」でもいいじゃないか




スポンサーリンク

埼玉な私です。

キリンビール「東京に乾杯」の仕込み式が行われたという記事。

リンク先は日本食糧新聞のウェブサイトで、この記事も全文を読むには電子版会員登録をしなければなりません。が、無料はナシ。うむむ…。

すみません、登録しません。

ということで、記事の冒頭部分しか読めていませんが、まあそういうこと。「販売する上で、東京は情報過多が課題だった」とはどういう意味なんだろうかと。この意味がよくわからないのですが、たぶん全文読んでもわからないと思います。もう少し噛み砕いてほしかったな。

ツイートしたように、昨年この仕込み式に参加しました。『東京人』に掲載する記事の取材だったんですが、昨年は「東京づくり」でした。

キリンビールの工場は47都道府県にあるわけではなく、「東京づくり」は横浜工場製造。全国的にも、当然別の県で造っている「◯◯づくり」もあり、「東京づくりなのに東京で造ってないじゃん!」という貴重なご意見により、今年は「◯◯に乾杯」となってしまったんですよね。

「東京づくり」でいいと思うんですけど。

貴重なご意見として承りました! でいいと思うんですけど。

で、この「東京づくり」、何を隠そう関係者以外で一番最初に飲んだのは自分なのです。「だから何だ!」という声も遠くのほうからかすかに聞こえてきますが、聞こえないことにします。貴重なご意見として承りました。

「東京に乾杯」は6月6日から発売。昨年とはどう変わるんでしょうか。

 

 

スポンサーリンク