ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)



まあまあ読まれているような気がしないでもない記事

このブログで掲載した全ビールリスト


よなよなエール20周年を言祝ぐ




スポンサーリンク

インドの青鬼も好きな私です。

 

「一番好きなビールはなんですか?」とは、よく聞かれる質問です。

 

本当に困る質問でして、こういう質問をされると毎回はぐらかすようにしています。はぐらかすというか、一番に値するビールがいくつもあるので、はぐらかさなかったとしてもはっきり答えることはできないのですがね。

 

はぐらかし方としては、

  • 「最近飲んでおいしかったのは……」と、ごく最近に限定する。
  • 「この中だったらこれかな……」と、その場にあるものから選ぶ。
  • 「川越に住んでいるのでコエドビールは愛着ありますね」と「好き」を「地元愛」にすり替える(コエドビールは大好きですけどね)。
  • 「あなたが好きなのはなんですか?」「ああ、あれはおいしいですよね〜」と相手の好みに同意する。

といったことをよくやります。

だいたい聞かれるときは相手も酔っぱらってるので、こんな感じでうやむやにできることが多いのです。

 

そして、もうひとつよく使うはぐらかし方がコレです。

 

「大手ビール以外で初めて飲んだのはよなよなエールなんですよね」

 

実際にそうなのです。

20年前、大学生の時に自宅近くのスーパーで売っていて、珍しいビールだなあと思って買ったのが最初です。ビールに限らず珍しいものには手を出したがる性格なので。

しかし、今でもスーパーに置かれていないクラフトビールが多い中で、20年前からスーパーで売られているってのはすごいことだと思います。

 

20年前に飲んだということははっきり覚えているのですが、その時の味はあまり覚えていません。「ああ、大手とは違う味だな」くらいは思ったかもしれませんが、それすらも覚えていません。でも飲んだことだけははっきりと覚えています。

 

今から思えば、その時に買ったよなよなエールは、まだ産声を上げたばかりでした。そういうことも知らずに、スーパーで売っている珍しいビールというだけで、その頃は夜な夜なよなよなエールを飲んでいたわけです。

 

 

子どもの頃から本に関わりたいとは思っていましたが、このよなよなエールについて仕事として書くことがあるとは想像もしていませんでしたねえ。

 

いやあ、しかしいつ飲んでもよなよなエールはうまい。これがスーパーやコンビニで普通に買えるということがまたすごい。ありがたい。

 

よなよなエール、20周年おめでとうございます。

20thyonayonaale.strikingly.com

 

よなよなエール 350ml×24本

よなよなエール 350ml×24本

 

 

にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

スポンサーリンク