ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)

編集と執筆では使っている脳ミソが違う

スポンサーリンク

f:id:hiroyukitomieme:20200724001249j:plain

7月23日(木)雨

 

世の中は4連休だが、自分の仕事は4連休ではない。ひたすら仕事をしていた。仕事の内容は編集と執筆。

 

どちらもウェブコンテンツなので、仕事している様子も使っているアプリケーションも、ほぼ同じだ。「編集ですね」と言われれば編集だろうし、「執筆ですね」と言われれば執筆だと言える。見た目上は。

 

でも、頭を使っている部分は結構違う。編集と執筆では使っている脳ミソ自体が違うのだ。なので、編集ができるからといっていい文章が書けるわけではなく、いい文章ができるからといってうまく編集できるわけでもない。

 

しかも、編集したコンテンツと執筆したコンテンツは、まったく違うテーマだった。見た目は一緒でも、本当に使っている脳ミソは全然違う。理解されないかもしれないが、全然違うのだ。

 

何かいい例えを出したいと思っているが、脳ミソが疲労困憊なのでまたの機会にする。

 

結局、何が言いたいかというと、世の中は4連休なのにこっちは疲れたってこと。