ビール時報

富江弘幸(ビアライター)公式サイト

2020年のビール関連執筆業務振り返り(1月〜3月)

この記事をシェアする

f:id:hiroyukitomieme:20201231020549j:plain

2020年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、ビール関連の執筆業務にもかなり影響がありました。予定していた執筆がなくなったり(連載的になる可能性もあったのですが…)、取材に行けなくなったり。直接的に影響を被った醸造所、飲食店の方々の苦労はいかばかりかと思います。

 

そんな2020年にビール関連でどんな仕事をしたのかを振り返って、記録しておいたほうがいいんじゃないかということで、日報というか年報として時系列的にまとめておきます。

 

と思ったのですが、なんだかんだでまとめるのにかなり時間がかかってしまったので、ひとまず1月から3月までです。

 

 

2020年1月のビール関連業務

いきなり業務ではないですが、2020年の最初に飲んだビールを紹介しておきましょう。コエドブルワリーの鮮美和醸。最高にうまかったですね、これ。

さて、2020年1月のビール関連業務について振り返ります。

キリンビールサロン1期第3回

キリンビールサロンには、第2回の講師としてお誘いいただきました。講師としての参加は2019年12月だったのですが、それ以降もゲスト的に参加させていただきまして…ありがたい限り。

ツイートの通り、この回は田嶋さんと会えてよかった回でした。

 

日本ビアジャーナリスト協会

日本ビアジャーナリスト協会のお仕事は随時やっているんですが、毎年1月に集まれる人が集まって会合を開いています。

その後に、ジャパンブルワーズカップに行くのが恒例だったのですが…2021年はどうなるのでしょうか。

 

2020年2月のビール関連業務

1月を見てビール関連業務はこれだけ? と思うかもしれませんが、水面下では結構な執筆量がありまして…2月もそれをこなしながら。

キリンビールサロン1期第4回

はい、第4回もゲスト的に参加させていただきました。

ありがたや。

 

ホップサミット

2015年から、その年に収穫されたホップを使ったビールのイベントであるフレッシュホップフェストに参加しています。そのフレッシュホップフェストにも関連するイベントで、ホップサミットという会合も年に2回程度開催され、2月にも参加してきました。

ツイートにある「何かの植物」はもちろんホップです。

ちなみん、会合の場所は福島県田村市。田村市といえば、伊達政宗の正室である愛姫の出身地で、参加する前から勝手に興奮していました。そんな興奮は隠しつつ、ホップサミットで公開インタビュー的なお仕事。

 

2020年3月のビール関連業務

3月になると、ビール関連業務が新型コロナウイルス感染症拡大の影響をモロに受けてきます。3月の前半くらいまでは、取材してもまあ大丈夫かな…という感じもありましたが、3月後半からは完全に世界が変わった感じがしましたね。

 

ちょっとしたビール講座

古巣にて、ちょっとしたビールのレクチャーをしてきました。飲み比べを20種類くらいしたかな。ビールのスタイルなどを飲みながらあれこれ説明して、なかなか楽しい時間でした。

 

ビールに対する向き合い方について

これは具体的な仕事の話ではないのですが、自分の考え方の変遷をツイートしたもの。自分にとってはまあまあ大切なことなので貼っておきます。

 

キリンビールサロン1期第5回は中止

キリンビールサロンは全5回だったのですが、最後の第5回は中止に。第4回でビールづくり体験をして、造ったビールをみんなで飲む予定でしたが、集まることはできないので、自宅にビールが送られてきました。

みんなで集まることはできませんでしたが、非常においしくいただきました。

 

 

2020年1月〜3月のビール関連業務はこんなところ。新型コロナウイルス感染症拡大は結構ヤバいんじゃないの…と思いながら、いろいろと執筆していました。不安の前の不安な時期でしたね。