ビール時報

富江弘幸(ビアライター)公式サイト

2020年のビール関連執筆業務振り返り(10月〜12月)

この記事をシェアする

f:id:hiroyukitomieme:20210101032306j:plain

1年の締めくくりである最後の四半期。かなり忙しい日々で、体力的にも精神的にも限界な日々が続きましたが、なんとか2020年も乗り越えられました。

最後の四半期はあまりお仕事が多くはなかったですが、もう無事に1年が乗り越えられたらそれだけでOKという感じになるくらい、疲れた3ヵ月でしたね…いやホントに。

 

 

2020年10月のビール関連業務

10月も例年に比べると仕事自体は多くありませんでした。新しい仕事もほとんどない状態ですが、例年と同じような仕事も進め方が変わったりしていたので、感覚的には新しい仕事みたいなところも。

 

シュマッツビアダイニング取材

仕事といっていいのかわかりませんが、お誘いいただいたのでシュマッツビアダイニングの新しいビールのお披露目的な会に参加させていただきました。

 

www.hiroyukitomie.me

 

シュマッツビアダイニングには何回か行ったことはあったのですが、取り扱うビールをリニューアルしたということで、気になっていました。個人的にはババリアヘレスがめちゃくちゃうまいなと思ったので、興味のある方はぜひ飲んでみてください。

 

2020年11月のビール関連業務

11月もそれほど新しい仕事はありませんでした。こういうときに自分のメディアでどれくらい動けるかがカギになるんでしょうが、ビール関連以外でもういろいろと忙しすぎて…。それなりに大変な11月でした。

 

遠野市ふるさと納税サイト

遠野市のふるさと納税のサイトのお手伝い。ちょっと校正した程度です。

 

実際にできあがったウェブサイトはこちら。いい感じです。

 

tonobeer-furusato.jp

 

ビアバー支援プロジェクト

ビアバー支援プロジェクトで実際に動いていたのは4月から6月でしたが、支援金やら何やらまとめることが多く、最終的にまとめられたのが11月。

「思うところもいろいろあったので、それはまた別途書こうと思います」とツイートしていますが、実はまだ書けていません…。

 

ビアジャーナリストアカデミー講師

自分自身、ビアジャーナリストアカデミーの1期生だったのですが、その3期から講師という立場で講義を行ってきました。2020年11月の講義は16期。5年近く担当していることになりますが、同じような内容を話しているにも関わらず、なかなか慣れません…。

 

2020年12月のビール関連業務

12月は、11月までの余韻で生きていたような感じでした。新しいことは何もなかったですが、必死に過ごしていたら1年が終わっていました。

 

遠野市のVISION BOOK

現状では、遠野市のVISION BOOKで最後の執筆記事です。

こんな感じで遠野のビールの里プロジェクトにはいろいろと関わらせていただいており、遠野市の株式会社BrewGoodのウェブサイトにもパートナーとして掲載させていただきました。ありがたや。

 

brewgood.jp

 

というわけで、これまでとは違う世界になってしまった2020年、なんとか乗り越えられました。2021年は自分のペースで楽しくやっていきたいな…と思っていますが、どうなるでしょうか…。