ビール時報

富江弘幸(ビールライター)公式サイト

秩父麦酒の紅熊Xのフレーバーは……ミズナラの端材!

この記事をシェアする

つい先ほど、焼肉とビールで優勝した話を書きました。

www.hiroyukitomie.me

 

優勝したら祝勝会だろう、ということで、焼肉屋から帰宅後にビールで乾杯(ひとりで)。秩父麦酒の紅熊Xというビールをいただきました。

 

紅熊X

 

秩父麦酒は、イベントでは何回か飲んだことがあったのですが、ボトルビールを飲むのは初めて。

紅熊XのXというのは、Red-Xというモルトを使っているので、そこから付けられたんでしょうね。Red-Xはレッドエールの色合いをこのモルトだけで出せるらしいのです。

 

さらに、このビールの特徴としては、ホップをほとんど使用していないということ。その代わりということではないですが、ミズナラの端材を使って木の香りを付けているらしいです。

 

ミズナラはウイスキーの樽にも使われる樹木。確かに、飲んでみるとウイスキーを飲んだときにも感じられるようなフレーバーがありますね。

 

一般的なレッドエールとはちょっと違ったフレーバーのレッドエール。なかなかおもしろいビールでした。