ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)

お仕事のあとはベルギービールで体力回復

スポンサーリンク

話すより書くほうが得意な私です。

 

ビール関連のお仕事は基本的に執筆なのですが、そうではないお仕事もたまにお受けしています。先日14日も執筆ではないお仕事でした。

 

日本ビアジャーナリスト協会が開催しているビアジャーナリストアカデミーという講座の一環で、受講生の卒業制作発表会での講評。この講座では講師もやらせてもらっています。

 

卒業制作発表会は、霞ヶ関にあるデリリウムカフェトーキョーで開催されました。

 

受講生が3分で発表して、自分を含めた講師3人が1分で講評というスピード感あふれる発表会。そもそもアドリブが苦手な自分としては、結構な体力を消費します。消費したら消費したで体力回復させないといけないので、まあこうなりますよね。

 

f:id:hiroyukitomieme:20180716233036j:plain

初陣のグラスですが、飲んだビールはセリス・シトラス・グランディスIPAセリス・ホワイト生みの親のピエール・セリス氏の娘が、2017年にアメリカで立ち上げたセリス醸造所のビール。

 

シトラス香が華やかに感じられて、苦味はIPAとはいえどもさほど強くはありません。アメリカンIPAのようなガツンとした苦味ではなく、じんわりと落ち着いた苦味。なかなかの好印象です、コレ。

 

で、そのセリス・ホワイトも、それまでのベルギーではなくアメリカで造られたものに輸入が切り替わりました。それがこちら。

f:id:hiroyukitomieme:20180716233721j:plain

 

まあ、見た目じゃわからんですがね。これもまたうまい。

 

とにかく体力回復させるために飲んだビールを貼り付けて、ニューイングランドIPAのようにお茶を濁します。

f:id:hiroyukitomieme:20180716234105j:plain

デ・ラ・セーヌ醸造所のグラスですが、何を飲んだのかコレはさっぱり覚えてません。体力回復の途上であったと思われます。

 

f:id:hiroyukitomieme:20180716234117j:plain

こちらはルル醸造所の、ルル・オブロン・ソバージュ。名前は覚えていて、味もやはり好みだったのですが、具体的には思い出せません。体力完全回復まであと少し。

 

f:id:hiroyukitomieme:20180716234128j:plain

で、最後は安定のデ・ランケ醸造所のセゾン・ドッティニー。 何度も飲んでいるビールですので、このときの味もしっかり覚えています。以前よりも苦味が弱くなった……ような。

 

これが最後の1杯で帰宅。十分に体力回復いたしました。

 

えー、お仕事の内容につきましては、ご想像におまかせいたします。しっかりやりました。

 

私からは以上です。本日はありがとうございました。

ベルギービール大全

ベルギービール大全

 

-------------------- 

レターポットやってます↓

にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ