ビール時報

富江弘幸(ビールライター)公式サイト

銀座いし井で中華そば。白ごはんと〆の替え飯の違いがわからず

この記事をシェアする

銀座いし井

銀座いし井というラーメン屋に行ってきました。

以前、一度行ったことがあったような気がするのですが、どんな味だったかもう一度確かめる意味で、再度訪れてみようと思いまして。

銀座いし井

なお、銀座いし井という名前の店ですが、銀座のお店はもう閉店してしまった模様。五反田のほかには下北沢店があるようですね。

いろいろと調べていたら、店主がめん徳 二代目 つじ田で修行して独立したお店らしいですね。公式情報ではないので真偽のほどはわかりませんが、調べてみるとそんな記載が見られます。

 

まずは基本の中華そばから

だいたい初見の店は基本メニューから入ります。

ちなみにメニューはこんな感じ。

銀座いし井

  • 中華せいろ:900円
  • 味玉中華せいろ:1000円
  • 特製中華せいろ:1100円
  • チャーシュー中華せいろ:1200円
  • 南蛮せいろ:1000円
  • 特製南蛮せいろ:1200円
  • 中華そば:800円
  • 味玉中華そば:900円
  • 特製中華そば:1000円
  • チャーシュー中華そば:1100円
  • 中華そばセット:1230円
  • 大盛り:120円
  • 特盛り:200円
  • のり:80円
  • ねぎ:80円
  • 味玉:100円
  • めんま:120円
  • すだち:150円
  • チャーシュー:300円
  • お得三点盛り:250円
  • 〆の替え飯:100円
  • 白ごはん:150円
  • 高菜ご飯:290円
  • チャーシューごはん:330円
  • 生ビール(中):550円
  • 生ビール(小):380円

この店の基本としては中華せいろなんでしょうが、つけ麺気分ではなかったので中華そばを注文。そして、申し訳ない感じで、白ごはんの食券のボタンも押しました。誰に申し訳ないのかわかりませんが。

ところで、白ごはん〆の替え飯の違いはなんでしょうかね? 両方とも白米っぽいですが、量の違い……? 〆の替え飯にすればよかったかな……。

 

中華そばの味わいは……

席につくとものの2分くらいで提供(感覚的に2分)。結構早いな、という感じでした。

隣の人は自分の少し前に入店したにも関わらず、そこそこ時間が経ってから提供されました。隣の人は中華せいろを注文したようで、タイミングにもよるのでしょうが、まあまあ時間かかるんですね。

 

で、中華そば白ごはんはこちらです。

銀座いし井

 

いつものとおり、白ごはんは半分近く切れておりますので、カロリーも半分くらいになっているという状況でございます。

さらに、提供時間が早かったため、早い分だけカロリーも落ちているものと思われます。カロリーを忘れてきてしまったんじゃないですかね。

さらにさらに、その後は40分近く歩いて帰ったので、むしろカロリーはマイナスなのではないかという仮説も立ちます。あくまでも仮説であって、実証はしていません。

 

さて、肝心の味わいですが、なかなか濃厚なスープで表面には油の膜が張っています。濃厚な感じもあるんですが、ススっと飲めてしまう感じもあり、健康診断で医師にラーメンのスープは全部飲むなと言われた自分にとって、かなりの難関でありました。

麺はこんな感じです。

銀座いし井

 

中太で軽く縮れている感じ。好みの麺です。スープともよく絡んでいて、しっかり味が感じられます。

 

次回は中華せいろを食べてみましょうかね。

ごちそうさまでした。

r.gnavi.co.jp