ビール時報

富江弘幸(ビールライター)公式サイト

最強の肉野菜炒め定食!平和軒(浦和)は早めのランチで!

この記事をシェアする

どうも、モリタワセです。

今回は浦和の町中華に行ってきました。少し前に南浦和の町中華に行ってきたのですが、今回のカロリーはどうでしょうか。

 

浦和の町中華の名店!住宅街にある平和軒

JR浦和駅東口から徒歩5分くらいでしょうか。完全なる住宅街の中に、建物としてはあまり目立たない平和軒が現れます。

浦和駅は西口のほうは商業施設が多いのですが、東口は駅前にパルコがどーんと建っているだけで、お店は多いとは言えません。埼玉県の県庁所在地ではあるものの、駅のすぐ近くから住宅街になっています。

 

JR浦和駅周辺で町中華といえば、ラーメン王くらいかと思っていたのですが、探せばもう少しあるようです。その中でも平和軒は名店と言ってもいいくらいのレベルでした。

 

町中華

 

大学生に戻った気分のモリモリチャーハン!

この日はたまたま浦和へ。11時45分頃に店についたところ先客が3名。「今日はチャーハンを食べたい!」という気分だったので、メニューはスルーしてチャーハン(690円)を注文。

 

サラリーマンもいるものの、工事現場のおっちゃんたちがその後どんどん入店してきました。席数が少ないので外で待つ人も。11時30分に開店だけど、スムーズに食べるのであれば、11時45分頃には入店したほうがよさそうです。

 

そして、すぐチャーハンが出てきました。炒める前に炊飯器からよそられたご飯の量を見て「まさかこの量が……?」と思っていたので、覚悟はしていたのですが……。

 

チャーハン

 

これです。正統派の町中華チャーハンという感じ。

でもこれでは量がよくわからないでしょうから、横からの写真も貼っておきましょう。

 

チャーハン

 

デカい! 高さがある!

モリモリチャーハンです。いやホント、モリモリもいいところ。

 

食べてみると、具材が結構ゴロゴロしてます。ゴロゴロモリモリ。なるとがしっかり入っているのはポイント高いですね。チャーシューもゴロゴロ。途中で、チャーハンじゃなくて肉食べてるのかな、くらいに思いましたからね。

ご飯はしっとり系ですね。パラパラではなくしっとり。しっとり系だからこそ、このスープが合うというか。うまいです。

 

これだけゴロゴロモリモリしていると、なんだか大学生の頃に戻ったかのような気分に。大学生であれば基礎代謝がかなり高いはずなので、ハイカロリーでもすぐ消化できます。たっぷりいただきました。

ごちそうさまでした。

 

なんというボリュームの肉野菜炒め!これで800円?(2020年11月9日)

この日は午前中から浦和駅近辺で仕事。11時半過ぎに仕事の区切りをつけたので、12時になる前にササッとランチを食べようと、浦和の町中華を検索して見つけたのが平和軒でした。

 

平和軒に着いたのは11時50分頃。外からは店内の様子がまったく見えず、おそるおそるドアを開けると、先客が3名いました。

カウンターは7名席で、テーブルは2名席。合計9名しか一度に入店できないこぢんまりとした店内。昼からキリンラガーを飲み、ビールを飲み終えたら塩ラーメンを注文する人もいれば、スーツ姿の普通のサラリーマンも。

 

隣の人はラーメンと半チャーハンを注文していたようですが、ラーメンは普通かなという印象(褒め言葉です!)。一方で、半チャーハンは「これが半?」というような大きさでした(褒め言葉です!)。

 

顎が疲れる!野菜炒めでこんな経験は初めて

そんな状況の中、この日は定食気分だったのでオーソドックスに肉野菜炒め定食(800円)を注文。カウンターからは目の前の厨房が見えて、肉野菜炒めを作っている状況が見えたのですが、そのときから悪い予感がしていました(褒め言葉です!)。

 

中華鍋を煽るときに見える野菜の量がどう見ても1人前ではないのです。自分以外に野菜炒め定食を頼んでいる人はいないようだったので、「作り置きにするのかな……」とも思ったりしましたが。

 

これが出てきたのです!

肉野菜炒め定食

 

肉野菜炒め定食だけ見るとよくわからないかもしれませんが、その後ろにある青いチェックの箱と比べてくださいね。これティッシュ箱です。ティッシュ箱の長辺より長い直径の皿に、どーんと肉野菜炒めがのっているのです。

もちろんライスも小さいどんぶりレベル。これに漬物と中華スープが付いて800円。食べる前から大満足です。

 

この大きさに驚いている間に店内は満席。12時を過ぎると入店する人がちょこちょこいるのですが、「すみませーん! いま満席で」という店員さんの声。これがずっと続きます。

 

さて、この野菜炒めを斜めから見てみましょう。

 

肉野菜炒め定食

 

どうですか。

これを食べている間に店内の客はどんどん入れ替わっていきます。食べるのが遅いんじゃないんです。肉野菜炒め定食の量が多すぎるんです。実際、他の人が食べている別のメニューを見ましたが、まあ他の店より量が多い感じはしますが、肉野菜炒めだけ別格。

 

肉野菜炒めを食べて顎が疲れたのは初めてです。

 

そして、肉野菜炒めという名前に恥じないだけの肉の量。肉野菜炒めと言っておきながら、肉はどこに? なんて店もありますからね。平和軒に偽りなし。

 

しかし、所詮は野菜。カロリーという面で見れば、野菜のカロリーなんてたかが知れています。かなりローカロリーなはずです。

 

顎が疲れた上に満腹で店を出ました。大満足。

 

ごちそうさまでした。

 

平和軒の店舗情報

平和軒
〒330-0055 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町17-1

r.gnavi.co.jp