ビール時報

富江弘幸(ビールライター)公式サイト

京都醸造の一意専心が缶ビールに。ベルギーとアメリカの特徴をブレンドしたベルジャンIPA

この記事をシェアする

今日のビールは京都醸造の一意専心。ベルジャンIPAです。

京都醸造が缶ビールを出すようになったのは知っていたけど、実際に買うのはこれが初めて。

一意専心

 

 

京都醸造でジャパンタイムズ120周年のコラボビールを醸造

自分自身、京都醸造にはちょっとした思い入れがありましてね。ジャパンタイムズに在籍していた2017年、ジャパンタイムズの120周年だったのでどさくさにまぎれてビールを造ってしまおうと画策したのです。

それに便乗してくれたのが、ブラッセルズと京都醸造。ありがたい話です。このコラボビールについては、当ブログでもいろいろ書いていますので、検索して見てみてください。

www.hiroyukitomie.me

 

2017年にコラボビールを仕込んだときには、京都醸造はまだ樽でしか卸していませんでした。ボトルで販売するようになり、ついに缶でも販売するように。手軽に飲めるようになってありがたい限りです。

 

ベルジャンなアクセントがあるIPA

一意専心はどんなビールかというと、ベルジャンIPAなのですが、バリバリのベルジャンって感じはしません。ベルジャンというと、スパイシーな酵母由来のフレーバーが特徴的な感じですが、そこは強くない印象ですね。適度でいいアクセントになっていると思います。そして柑橘系のフレーバー。最高です。

一意専心 (Ichii Senshin)kyotobrewing.com

 

 

成城石井でよく売っている感じがするので、飲みたいと思ったら比較的大きめの成城石井へ(もちろん店舗によって売っていないところもあるのであしからず)。