ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)

新コロナ禍でも自宅飲みは変わらず

スポンサーリンク

ブログは更新していませんが、依然として私です。

 

新型コロナウイルスに振り回されている世の中ですが、自分の自宅飲みに限って言えば、特に何も変わらずな毎日です。こんな感じで飲んでおります。

 

 そう、キリンビールサロンの第5回(最終回)が延期になってしまい、参加者で最後に乾杯するはずだったビールが送られてきたのです。かなり残念ですが、仕方なし。それでもまあ、自宅ではこうやって飲み続けています。

 

その他、近況としては、まあまあ進展したものもありまして。

 

ひとつは、遠野へ取材に行き、20名弱の人にインタビューしたビジョンブックの作業がほぼ完了。あとは出来上がりを待つだけ。結構あっさり書けるだろうと思っていたものの、なんだかんだで執筆には3カ月半くらいかかりました。まあ、トータルで6万〜7万字くらい書いていたのでね……。

 

もうひとつは、新しいメディアについて。「地域とビール」をテーマに活動している私ですが、そのテーマに絞ったメディアを立ち上げようとしています。このブログでも書いたり、

www.hiroyukitomie.me

Twitterでもツイートしていたりしてまして。で、ドメインとレンサバ契約して、ざっくりとしたフォーマットを作るところまではやりました。箱は作ったって感じですね。

 

でもまだコンテンツがないので、ちょこちょこ入れていきます。さらに、インタビュー記事のインタビューも済ませました。あとはやるだけです。4月上旬には、noteのサークル機能も使っていきたいなと。

 

そんな年度末です。

 

私からは以上です。本日はありがとうございました。