ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)

冬の日本海をきらきらうえつに乗って―新潟・山形・福島の旅(3)

スポンサーリンク

きらきら私 @hiroyukitomie です。

 

前回↓からの続き。 

 

現美新幹線で世界最速芸術鑑賞を楽しんだ私は、圧倒的な新潟を感じていました。

 

f:id:hiroyukitomieme:20171224230653j:plain

新潟駅南口です。

実は、20数年前に一度新潟に来たことがあり、それ以来の新潟。しかし、これは私の知っている新潟ではありません。

 

もっと、こう…なんていうのかな、昭和的な…

f:id:hiroyukitomieme:20171224230857j:plain

そう! これぞ新潟。万代口でした。

 

まあ、20数年前でも昭和ではなく平成でしたがね。

 

その20数年前、大学2年生の夏休みに、ムーンライトえちごで新潟から東京へ戻ろうとしたのですが、ムーンライトえちごの指定席は前に並んでいた人で完売。晴れて新潟駅で野宿と相成りました。

 

いまならホテルを探すところですが、そこは金のない大学生。野宿以外の選択肢はなく、まさにこの写真の場所で無事朝を迎えることができました。

 

それ以来の新潟。

 

しかし、そんな輝かしい思い出に浸っている場合ではありません。次の列車の時間が迫ってきているのです。

 

f:id:hiroyukitomieme:20171224231254j:plain

 

きらきらうえつ!

 

f:id:hiroyukitomieme:20171224231325j:plain

 

で、ここからきらきらうえつについて詳細を書きたいところですが、実はコレ、取材で乗車したものですので、ちょっと写真を紹介する程度にとどめます。

 

詳細は、2018年1月18日発売予定の『ビール王国』をご覧ください。

 

では、雑誌に載せていない写真をいくつか。

 

f:id:hiroyukitomieme:20171224231527j:plain

ハイデッカーですね。座席と窓が高くて景色を見るにはいい車両です。

 

f:id:hiroyukitomieme:20171224231640j:plain

先頭車両からは運転席が見えるようになっていて、鉄にはたまらない車窓。

 

f:id:hiroyukitomieme:20171224231725j:plain

目的はコレです。風味爽快ニシテエチゴビールピルスナー。詳細は『ビール王国』にて。

 

f:id:hiroyukitomieme:20171224231807j:plain

天気は残念でした。曇り空だったので、モノクロ写真でもあまり変わらない印象。こちらは桑川駅で途中下車したときの写真。駅の目の前が日本海。

 

f:id:hiroyukitomieme:20171224231906j:plain

冬の日本海ですねえ。

 

f:id:hiroyukitomieme:20171224231926j:plain

余目駅。ちょっと内陸に入ると雪がそこそこありました。次が終点の酒田駅。

 

f:id:hiroyukitomieme:20171224232010j:plain

酒田駅。酒田ラーメンがアツいらしいっすよ。

 

f:id:hiroyukitomieme:20171224232042j:plain

酒田駅の0番線。そして、酒田からはまた別の目的地へ…。

 

続く!

 

にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ