ビール時報

富江弘幸(ビールライター)公式サイト

チュルっと手作りワンタンが魅力!チェーンっぽくない広州市場

この記事をシェアする

今回は広州市場というワンタン麺がウリの店に行ってきました。ワンタンって皮が薄いので、カロリーも少なそうですが、どうでしょうか。

 

 

チェーン店っぽいようなそうでないような広州市場

たまに目にしているのでチェーン店っぽいけど、なんとなくチェーン店っぽくもない店。そんな感じの印象を勝手に持っていたのが、ワンタン麺がウリの広州市場。

 

揚州商人と勘違いしていた時代もありまして、誠に申し訳ございません(州しか合ってない)。

 

広州市場は、五反田、大塚、中目黒、西新宿、新宿東口、田町の6店舗を展開しています。

www.kosyuichiba.com

ちゅるっちゅるのワンタンと麺と焼豚丼と

この日は広州市場五反田店へ。いつも昼間は列ができているので、並ぶのも面倒だし…と入るのを躊躇していたのですが、この日の夜に訪れたらスルッと入店できました。

スルッと入店できたとはいえ、店内は満席。普段は740円の広州雲呑麺が580円と安くなる日だったからでしょうか。

この時点で値段が安いということはカロリーも少なくなっているということが決定しています。安心して食べられますね。

 

基本の広州雲呑麺はワンタンが7個も入っていて、味は醤油と塩を選べます。で、このワンタンが店内で手作りしているのですが、それがチェーン店っぽくない感じを醸し出しているのかもしれません。

 

安くなっているのであれば…ライス関係も注文

さて、注文ですが、広州雲呑麺の塩を注文しようとしたところ、「普段よりも160円安くなっているのであれば、その分何か別のものを追加で注文すべきではないのか。例えばライス関係を注文すべきではないのか」という心の声が聞こえてきました。

 

まあ、それもそうだと思ってしまい、ライスを注文しようと思ったのですが、メニューを探してもライスがありません。では仕方ない、グレードは上がる感じはするが煮豚飯(140円)を追加しようではないか、と心の声と相談しました。

 

この煮豚飯、140円なのにミニサイズが120円という謎のお値段。20円しか違わないのであれば、普通サイズを注文しますよね。ということで、注文したのはこちらです。

 

f:id:hiroyukitomieme:20201115221547j:plain

 

さすがにこうなるとカロリーが気になったので、煮豚飯は写真半分をカットしました。これでカロリーも半分になったはずです。これで大丈夫。

 

小籠包的に食べたり味変だったり

料理が運ばれてきたときに、「ワンタンの食べ方はご存知ですか?」的な質問をされたので、食べ方もクソもあるかと思い「大丈夫です」と答えたのですが、食べ方があるらしく、食べ方が書いてある紙がありました。

 

自分としては普通に食べる予定だったのですが、蓮華にワンタンを乗せて、酢だったり薬味を乗せたりしてチュルっと食べるのがいいらしいです。

 

どおりで蓮華がデカいなと思ったんですよ。普通の蓮華よりも2周りくらい大きいですよ、これは。

で、酢と玉ねぎ的なものを乗せて食べてみたんですが、なかなかいいですね。味変的な感じで食べられます。小籠包の食べ方と同じですかね、これは。

 

ただ、自分としては面倒なので、ほとんどを普通にそのまま食べました。

 

広州雲呑麺

 

もちろん、それでも十分おいしいですよ。薄皮のワンタンがチュルっと口の中に入って、しっかりとした旨味を感じられるのはなかなかです。これが手作りで740円(この日は580円)というのは、かなりコスパいいんじゃないでしょうか。

大変満足です。いつも並んでいる理由がよくわかりました。

ごちそうさまでした。

 

r.gnavi.co.jp