ビール時報

富江弘幸(ビールライター)公式サイト

浦和の町中華の名店が担々麺専門店をオープン!甲州屋別邸の濃厚担々麺

この記事をシェアする

f:id:hiroyukitomieme:20210220174518p:plain

今回も浦和に行ってきまして、ぶらぶら歩いていたら担々麺専門店を見つけたので入ってみました。担々麺はカロリー高そうな気もしますが、どうでしょうか。

 

 

町中華の別邸?が担々麺専門店

JR浦和駅から徒歩3分くらいでしょうか。たまたま細い路地を歩いていたら、甲州屋別邸という担々麺専門店を見つけました。

 

f:id:hiroyukitomieme:20201114225213j:plain

 

別邸ってなんやねん。本店はどこやねん。

なんて思って検索してみたら、浦和では有名な町中華のお店だそうで。あの「町中華で飲ろうぜ」でも紹介されたらしいじゃないですか。昭和22年創業だという歴史ある町中華の名店。これは大変失礼いたしました。

www.bs-tbs.co.jp

 

その別邸というのがこの担々麺専門店。2019年11月にオープンしたようです。ちょっと入ってみましょう。

 

黒い!ゴマが多い!黒胡麻担々麺(2020年11月14日)

担々麺専門店はここ最近増えてきましたが(適当)、専門店だと唐辛子の辛さと花椒の痺れのレベルを選べるところが多いですね。唐辛子の辛さは抑えたいけど、花椒はビリビリきかせたい! という自分にとっては、そういう店はありがたい限り。

 

甲州屋別邸も辛さと痺れのレベルを選べます。この日は黒胡麻担々麺(830円)を注文してみました。

f:id:hiroyukitomieme:20201114230503j:plain

 

辛さ1の微辛と痺れ4を選択。なんなら辛さはなくてもいいくらいなんですが、一応入れておきましょう。どうでもいいんですが、どこからどこまでが初心者で、どこからが上級者なんだろうかと思ってしまいました。

 

こちらが注文して少し待っていると、Go To Eatキャンペーンで予約したというカップルが来店。なんだかんだでGo To Eatキャンペーンを利用したことはないんですが、この店は1000円以上注文しないとポイント付与されないとか? チラッと聞こえた程度なので真偽不明ではありますが。

 

このカップル、2人ともなぜか辛さ0に痺れ0を注文。「なぜ担々麺を食べに来た!?」と思っているところにこちらの黒胡麻担々麺がやってきました。

 

f:id:hiroyukitomieme:20201114231012j:plain

 

いいですね。いかにも黒胡麻を使った日本の担々麺という感じ。カシューナッツが粗めに入ってます。

角度を変えてみるとこんな感じ。

 

黒胡麻担々麺

 

花椒の粉がまあまあ見えますね。もっと多くてもいいんですが。

麺は細麺です。担々麺はやっぱり細いストレート麺ですね。細いということは、太麺よりもカロリーが少ないといえるような気がしています。

 

 

食べてみると黒胡麻です。黒胡麻としかいいようがない風味(当たり前)。その黒胡麻がふんだんに使われているようで、スープもかなりドロっとした感じになっています。

そのせいか、辛さはほとんど感じませんし、痺れも4にしては物足りない。軽くビリっとはくるのですが、ビリビリとしてスーッとした感じにまでは至りません。とにかく黒胡麻です。

 

白胡麻担々麺(800円)のほうはわかりませんが、黒胡麻が結構濃厚なので、辛さと痺れの感覚は少し抑えられるのかもしれません。知らんけど。

 

口の中が軽くスッとする程度で、いい感じといえばいい感じだったのかもしれません。

その後、帰宅して鏡で口を開けて見てみると、歯と歯の間に黒胡麻がかなり残っていてお歯黒を落とし忘れたような状態でした。誰かと会う前に食べるのは注意したほうがいいかもしれません。

ごちそうさまでした。

 

甲州屋別邸の店舗情報

※以下の情報は正確でない場合があります。

住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂1-13-9
営業時間:11:00~15:30、18:00~23:00(月〜金)、11:00~23:00(土)、11:00~21:30(日・祝)
定休日:なし