ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)

ビール関連の妄想を長文にしてみるとおもしろいかもしれないと思った話

スポンサーリンク

基本的にあまり反響がないので、ちょっと反響があると小躍りしてしまう私です。

 

今日はこんなツイートをいただきました。

はい。ありがとうございます。

 

ありがたいのですが、これは完全に褒めすぎです。しかも、このnoteの記事を書いたのは2018年3月。1年以上も前です。それを今になって掘り出すなんて、なんと奇特な方でしょうか。ありがとうございます。

 

実はこのツイートはタイムリーだった

f:id:hiroyukitomieme:20190722212153j:plain

ただですね、自分自身これはものすごくタイムリーに思っていまして。一度この記事を読んでいただければと思いますが、妄想なんですよね。妄想。この妄想をもう少し(いや、もっともっと)長い文章にしてみたらおもしろいんじゃないかと思っていたところなんです。

 

まあ、おもしろいと思ってくれるのは自分以外に数人くらいしかいないのかもしれませんが、スイスイ書けそうな気がするのです。しかも、事実確認とかの手間がかなり減るんですよ(笑)。妄想だから。

 

そして、言うだけ言っておいて、言ったことの何かがひとつでも当たれば、「ほら! 言ったとおり!」なんてドヤ顔できますからね。これはやるしかない。

 

ビール飲みながら書いてみようと思います。

 

私からは以上です。本日はありがとうございました。

教養としてのビール 知的遊戯として楽しむためのガイドブック (サイエンス・アイ新書)

教養としてのビール 知的遊戯として楽しむためのガイドブック (サイエンス・アイ新書)