ビール時報

富江弘幸(ビールライター)公式サイト

緑のプルタブのピルスナーウルケルはうまいのではないか仮説

この記事をシェアする

ピルスナーウルケル

久しぶりにピルスナーウルケルを買いました。

ピルスナーウルケルとは、世界のビールの主流ともいえるピルスナーの元祖。詳しくは下記をご参照ください。

ぴるすなー【ピルスナー】

  1. ピルスナーの発祥はチェコ。1842年、チェコのピルゼンという都市で誕生した。黄金色で白い泡の見た目が特徴。
  2. 日本の大手ビールをはじめ、多くのビールメーカーが醸造しており、世界で最も飲まれているスタイル。

「ピルスナーとはどんなビール?味の特徴と飲んでおきたい銘柄を紹介!」地域とビール
https://localandbeer.com/pilsner

 

 

2021年から缶を本格販売

このピルスナーウルケルはアンハイザー・ブッシュ・インベブの傘下にあったんですが、2017年にアサヒビールがインベブから買収したんです。で、2018年からアサヒビールが輸入して販売しているんですが、基本的にはボトルでの販売なんですよね。

 

缶での販売は限定的ですが、これまでに何回か販売されました。今回買った缶ももしかしたら限定なんですかね。詳しくはわからないですが、10都府県で缶を販売して、様子を見て広げていくような感じらしいです。

これまで扱っていた瓶タイプに加え、一般家庭での普及を見込める缶タイプも投入する。まず首都圏を中心とする10都県で発売して認知度を高め、全国展開を検討する。
日本経済新聞

www.nikkei.com

 

緑のプルタブのピルスナーウルケルはうまいのではないか仮説

これまでに何回か販売されたピルスナーウルケルの缶ビールは、ちょっとした違いがありました。今回のピルスナーウルケルと、アサヒビールが最初に輸入した缶のプルタブはこんな感じなのです。

カッコいいですよねえ。プルタブが緑になっているんです。このときのピルスナーウルケルが最高においしくて、緑のプルタブの印象とともに強烈に記憶に残っています。

しかし、前回とかのプルタブはこんな感じでした。

ピルスナーウルケル

 

もちろんこれが悪いわけではないんですけど、初回の印象が強すぎました。緑のほうがカッコいいし、味も最高によかったイメージなんですよね。

 

そこで勝手に緑のプルタブのピルスナーウルケルはうまいのではないか仮説を立てていたところ、今回は緑のプルタブだったため、勝手に興奮していたのです。

 

緑のプルタブのピルスナーウルケルの味わいはいかに……?

で、飲んでみました。

うーん、さすがにうまい。

 

……

 

のですが、初回のウルケルに比べるとどうだろうか……。

 

と、こんな書き方をすると今回のウルケルが劣るような感じになってしまいますが、最高においしいんですよ。ぜひとも飲んでいただきたい。

おいしいのは確実に保証するのですが、やはり初回の印象が強すぎたんでしょうか。いや、今回のは本当においしいんですよ。でも、この仮説の証明に足りる味わいなのか……思い出補正的なものがあるのか……。

 

なんかすんません……的な感じなので、緑のプルタブの裏側の写真を載せておきます。この裏側の写真なんて他のメディアでは見ることはできないと思いますよ。スクープです。

ピルスナーウルケル

 

いや、本当においしいんですよ。