ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)

プロフェッショナルとは何かという話

スポンサーリンク

プロの私です。

 

お仕事をするにあたって、できる限り最大限のパフォーマンスを発揮したいと思うもの。執筆であれば、できるだけ情報を収集して、そのメディアに最適化した原稿を書く。講師であれば、求められた内容を決められた時間内で、受講者のレベルに合わせて話す。

 

そういったことができるのがプロフェッショナルだと思うのですよ。

 

ですが、最近、風邪を引いてしまいましてね。自分は咳喘息持ちなので、風邪を引くとほぼ100%で咳喘息へと移行します。現在も風邪の症状は収まっているんですが、咳喘息だけは残っていて、治療しているところです。

 

実は近々ラジオ出演の話がありまして(どこまでオープンにしていいのかわからないのですが)。

 

ラジオ出演中に咳が止まらなくなったらアレなので、しっかり治療をしているわけです。夜もビールを飲みたいところではありますが、薬を飲まないといけないのでビール絶ち。

 

飲みたいビールを我慢して、しっかり薬を飲んで治療。万全の状態で仕事に臨む。これがプロです。

 

え? 普通のことだし、本当のプロは普段から風邪を引かないように体調管理をしている?

 

ごもっとも……。

 

私からは以上です。本日はありがとうございました。

 

教養としてのビール 知的遊戯として楽しむためのガイドブック (サイエンス・アイ新書)

教養としてのビール 知的遊戯として楽しむためのガイドブック (サイエンス・アイ新書)