ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)

氷川神社でおみくじを引いたら今年も謎の結果(初凶末吉)に!

スポンサーリンク

今日も凶とて私です。

 

おみくじについては一家言あるので、今年も言わせてください。

 

おみくじが当たらないという話をする人がいますが、私に言わせれば何を言っているのかと。当たらないおみくじを引いているから当たらないのです。当たらないと思ったら、当たるおみくじを引けばいいのです。簡単な話です。

 

では、どんなおみくじを引けばいいのか。それはどこで引くかということと同じです。で、答えとしては一択。それを教えましょう。

破壊力抜群、川越の喜多院

はい。川越にある喜多院というお寺です。

 

喜多院のおみくじは凶がやや多めという噂なんですが、一方で大吉であれば本気で大吉な年になると言います(私の結果のみ)。こちらで書いているので、お時間があればご一読ください。

www.hiroyukitomie.me

 

喜多院に毎年行っていたのは、その地に住んでいたからで、基本的には住んでいるところの寺社に行くべきかと思います。ですが、ガチで運勢を知りたいのであれば喜多院に行くことをおすすめします(根拠は私のみ)。

 

おみくじが当たるのか当たらないのかわからないというのもアリといえばアリ

一方で、当たる当たらないの話が出てくるのは、その寺社が特徴的だということもあります。

 

例えば、明治神宮。

 

明治神宮のおみくじは、大吉とか凶とか、そういった判断基準がないんですよ。短歌が書かれていて、その意味からどうやって今年生きていくかを汲み取るという感じ。これはこれでアリです。

 

もうひとつのパターンとしては、判断基準が何を言っているのかわからないというヤツ。

 

これが、去年今年と私を悩ませる大宮氷川神社です。

 

2017年から大宮氷川神社にお世話になっているのですが、ここのおみくじがなかなか個性的でして。去年のおみくじについてもこちらで書いているので、ご一読ください。

www.hiroyukitomie.me

 

そう、昨年は「平」(たいら)という結果。 しかも、大吉だろうが凶だろうが、順位付けはしていないという噂です。当たったのか当たってないのかわからん!

 

今年の結果は……

で、今年です。

 

 

初凶末吉!

f:id:hiroyukitomieme:20190102213819j:plain

うーむ。

 

平に続いてまた今年も謎な結果に。どうやら、最初は心配事が続くけど、徐々に解決して安心できるということらしいです。

 

大宮氷川神社のおみくじは、吉凶未分、吉凶相交、吉、向吉、小吉、凶末吉、初凶末吉、末吉、凶向吉、平吉、吉平、大吉、平という豪華メンバーで、まあ、確かに順位付けは難しそうではありますな。最初は凶で後半が吉ってことで、ならしたら小吉くらいにはなるんですかね。

 

とにかく、今年前半は心配事が多いので気をつけたほうがよさそうです。

 

私レベルになると引く気になればどこでも凶を引ける

まあ、どこで引くかということが最も重要だということがわかっていただけたかと思いますが、私レベルになると、3年間おみくじを引く寺社を変えても3年連続で凶を引くことが可能。川崎大師、鶴岡八幡宮、浅草寺。実際にこの3寺社で引いたことがあります。神社だろうが寺だろうが、もうどこで引こうが関係ない。凶といえば私、私といえば凶。

 

言ってて悲しくなりますがね……。

 

私からは以上です。本日はありがとうございました。

折込み済 おみくじ (100枚) 凶なし 641

折込み済 おみくじ (100枚) 凶なし 641