ビールと本と旅とおもしろいこと。

富江弘幸(ビアライター)

北海道づくり の検索結果:

とにかくどこまでも県内産(一番搾り 福岡づくり)

能なし私です。 さて、株主優待で送られてきた「一番搾り ◯◯づくり」も最後となる4本目。「福岡づくり」です。 まず、前回の「福岡づくり」がどうだったのか、2016年の記事を読んでおいていただけるといいかと思います。 では、他の3つ同様、缶裏メッセージを比較してみましょう。 2016年はこちら。 仲間を愛する地元福岡の人が、もっと盛り上がれるビールを。工場のみんなで、地元のことを語り合いました。福岡の人のしあわせな時間に、一番似合うビールをつくるために。仲間とワイワイ飲むのにぴ…

上品さが求められる一杯(一番搾り 神戸づくり)

…。これまでに書いた「北海道づくり」「横浜づくり」もレシピが変わっているかどうかの確認はしていません。が、「北海道づくり」も「横浜づくり」もすっきり系にシフトしている印象ですね。 さて、この「神戸づくり」はどんな料理と合わせればいいものか……と、神戸のご当地グルメを思い出してみるものの、そばめししか出てきません。 まあ、すっきりした味わいに変わってきているし、そばめしもいいんじゃないかなと思うんですけどね。 でも、上品ではないかなあ。ビールと飲んでいる人は上品なんだけど。 キリ…

君は横浜の風を感じたか(一番搾り 横浜づくり)

… 昨日は「一番搾り 北海道づくり」について書きましたが、今日は「横浜づくり」です。こちらも昨年の記事がありますので、まずは読んでいただけるといいような気がしてなりません。 缶に書かれたメッセージを比較して読み解く さて、「横浜づくり」についても、缶に書かれたメッセージから読み解いていきましょう。 2016年はこちら。 横浜の人を、ハッとさせるビールって?工場のみんなで、地元のことを語り合いました。横浜の人のしあわせな時間に、一番似合うビールをつくるために。歴史と文化が融合する…

2016年と2017年の缶を読みくらべてみる(一番搾り 北海道づくり)

…りシリーズのうち、「北海道づくり」「横浜づくり」「神戸づくり」「福岡づくり」が送られてきており、今日は「北海道づくり」を飲んでみようと思います。 ちなみに、昨年の株主優待も同じシリーズ4種でしたので、ちょっと比べてみましょう。 北海道づくりを飲む前に、昨年との比較 まず、昨年の「北海道づくり」の記事を読んでいただけると理解しやすいかと思います。 2017年の「北海道づくり」はこちら。 「北海道づくり」の特徴は、北海道米を使っているということ。原材料を見てみると、今年も「麦芽・…

キリンホールディングスの株主優待が送られてきましたの巻

株主の私です。 このブログで何度も書いていますが、私はキリンホールディングスの株主であります。株主という言葉を初めて覚えたのはいつ頃でしょうか。小学生でしょうか、中学生でしょうか。 その頃は、株主といったら金持ちしかなれないくらいに思っていたと思いますが、現実にはそこまで金に余裕のあるわけでもない普通のおっさんでも株主だったりします(私です)。 子どもの頃の自分に言ってやりたいですね。「株主なんて3万円もあればなれるんだぞ」と(現時点でキリンホールディングスの株は3万円では買…

掲載ビールリスト

…生ビール・一番搾り 北海道づくり・一番搾り 福岡づくり・一番搾り 横浜づくり・一番搾りプレミアム・グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)・グランドキリン IPA 銀河高原ビール・ペールエール コエドビール・ガッツポーズ-Gattsu Pozu-・COEDO朝虹-Asaniji-・COEDO伽羅-Kyara-・COEDO月下-Gekka-・COEDO漆黒-Shikkoku-・COEDO白-Shiro-・COEDO毬花-Marihana-・COEDO瑠璃-Ruri-・R…

現時点(4種類目)で最高の味わい(一番搾り 神戸づくり)

…て造られています。「北海道づくり」でも米が使われていましたが、こちらはおそらく酒米ではないでしょう。 「神戸づくり」も同様に米ならではの香りが出ていますが、「北海道づくり」に比べるとやや控えめ。飲んでみると、米のスッキリ感もありながら、甘味と酸味のバランスが抜群ですね。苦味は控えめですが、全体的に完成度の高い味わいになっていると思います。 はっきり言って、これまで飲んだ「東京づくり」「北海道づくり」「横浜づくり」よりも、断然おいしいと思ってしまいました。もちろん他もおいしいの…

ハッとさせるビール(一番搾り 横浜づくり)

…づくり」。 前回、「北海道づくり」を飲みました。 北海道米を使って、すっきりとした味わいでしたが、横浜はどうでしょうかね。 まず、缶の裏に書いてあるメッセージを引用しましょう。 横浜の人を、ハッとさせるビールって?工場のみんなで、地元のことを語り合いました。横浜の人のしあわせな時間に、一番似合うビールをつくるために。歴史と文化が融合する横浜のような、洗練された味わいの一杯ができました。横浜だけの一番搾りを、ぜひ、お楽しみください。 洗練された味わいがどんなものかはよくわかりま…

北海道米ですっきりと(一番搾り 北海道づくり)

…に書いていますが、「北海道づくり」「横浜づくり」「神戸づくり」「福岡づくり」の4種類が送られてきました。 まとめて飲むと違いがわかりやすいのですが、ひとりで4種類を一度にというのも大変なので、1日1本ずつ飲んでいきたいと思います。 今日は「北海道づくり」。 原材料:麦芽・ホップ・米アルコール度数:5% 原材料に米を使うと、すっきりとした香りや味わいになるんですが、それがはっきり現れていますね。甘味、酸味、苦味とも突出していないので、後味にドライな印象があります。 缶の裏に書い…

株主優待で限定ビールを

…ようです。 まずは「北海道づくり」。 北海道の米を使っているようですね。麦芽100%ではないですが、各地の特徴を出せるように、このシリーズでは麦芽100%というレギュレーションは外しているそうです。それでも、「ビール」という表記にするため、米のように酒税法で定められた原料だけに絞っているようですが。 そして、「横浜づくり」。 こちらは副原料を入れていませんが、アルコール度数は6%とやや高めに設定しています。下部には横浜っぽいイラストが。 次は「神戸づくり」。 こちらは山田錦を…